ブロンプトンに空気を入れるフロアポンプはレザイン一択。

スポンサーリンク

ブロンプトンはレザインのフロアポンプで決まりだと思っています。

他のポンプでも入れることはできるんですがバルブに負荷がかかるのでお勧めしません。

この赤いの「ABS1 PROポンプヘッド」 が最大のポイントです。

赤い部分を回しながらバルブに付けます。

空気を入れ終えたらヘッドに付いている小さな丸いボタンを一瞬押して空気を抜きます。この作業をすることでヘッド内が高圧では無くなり、外す時に「バシュ」ってならなくなります。

あとはヘッドのネジを回して外すだけです。

ブロンプトンにレザイン製ポンプが合う理由は2つあります。1つめは小径車だからヘッドが小さいネジ込み式が良いということ。

2つめはチューブのバルブに負荷がかからないことです。

違うチューブで説明しますが、押し込んでバルブに装着するフロアポンプだと、チューブ根元のゴムの部分が負荷かかって穴が空きやすくなります。

ここに穴開いた場合は修復不可なのでチューブ交換です。

リムナットが付いているタイプなら押し込んでもいいのですが、私がSHOPで購入したブロンプトンには付いていなかったのでレザインのフロアポンプを強くお勧めします。

スポンサーリンク