エンド金具の高さが足りないので改造してみた。

スポンサーリンク

ロードバイクの輪行時にエンド金具を使うんですが、リアディレイラーのワイヤーが地面に当たることがあります。

オーストリッチのエンド金具は高さが有るのでオススメですが、わざわざ新しい物を買わなくても大丈夫だよ、という記事になります。

私はR250の輪行セットについていたエンド金具を使っています。

画像のようにワイヤーが当たってしまう状況で、オーストリッチのエンド金具でもギリギリ当たりそう。最近のワイヤー内蔵式はよくあることらしい。

簡単で工具が必要ない改造を2つ紹介します。

①木材を接着剤で付ける

100均のダイソーで工作用木材を購入。

たぶん取れないと思いますが、もし出先で取れたらコンビニでセロハンテープを調達して巻いてください。

②段ボールを付ける

段ボールを切ってテープで貼るだけですw

これは100均の段ボールカッターです。

段ボールを折りたたむ箇所に薄く切り込みを入れて折りたたみんでいきます。

これをテープで巻いて、エンド金具にもぐるぐる巻いて完成(*´▽`*)

見た目は悪いですが工具が必要ありませんし誰でも出来る改造だと思います。高さも簡単に変えれますからね。

輪行時に自立しましたし結構お勧めですよー(^^♪

オーストリッチのエンド金具でもワイヤーが当たる人いるみたいなので参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする