(重量画像有)レーシングゼロのインプレ

スポンサーリンク

ネットでは重量測定した画像が無くコピーした記事が多いですが、今回は1年間使ったインプレも加えて書いていきます(`・ω・´)ゞ

フルクラムレーシングゼロC15(ナローリム)です。

レーゼロは現行C17(ワイドリム)ですが、私はあえてC15を買いました(´・ω・`)

私はマビックアクシウム(1850g)から替えたのですが、数km/hは速くなったと思います。ネットでは「剛性が高いので踏み過ぎて足が売り切れる」とよく書いてありますが、むしろ剛性高くないと力が伝わりにくくて疲れるのでは?と思います(`・ω・´)

剛性が高いのはアルミ製スポークだからです。手組やレーシングゼロ、ゾンダとの違いはここですね。

USBハブは良く回りますが、踏み込んだ時に影響するかは謎です。

お次はフロントの重量測定画像です。

599gでした。

リアは851gでした。

合計の重量は1451gです。

ロードバイクのホイールは重量が注目されがちですが、基本は外周部分(リム重量)の影響が大きいと言われています。

現行のゾンダC17(ワイドリム)はリム重量が重くなった分、ハブを軽くしたと言われています。タイヤが太い分、安定して走れるメリットがありますので優劣はつけにくいですけどね(´・ω・`)

ゾンダやレーシング3以上になってくれば走行能力はあまり変わらないと個人的に思っています。リムハイトを変えたり、自分のバイクに似合うホイールを選んだ方が満足度が大きいです!

アルミリムなのでカーボンと違ってダウンヒルでも気軽にブレーキ出来きて安全です。レーゼロ、おすすめですよー!

スポンサーリンク