ブロンプトンの空気圧について。

スポンサーリンク

自転車の空気圧管理は大事です。

空気を入れないとパンクしたり、走行時の快適性にも影響してきます(´・ω・`)

ブロンプトンS6Lです。

ロードバイクのようにスピードを争う目的ではないので空気圧はだいたいで構いませんが、減ってきたら空気を入れてあげましょう(`・ω・´)

入れる空気量は自転車のタイヤに書いてありますが、純正タイヤの目安は以下の通りになります。

シュワルベ マラソン 65~110psi
シュワルベ マラソンレーサー 65~110psi
シュワルベ コジャック 70~115psi

空気圧が高いほど固くなって軽快に走行できますが、振動を吸収しにくくなって快適性が失われます。

自分の好みの空気圧で構いませんが、体重が重くなるにつれて高い空気圧にしましょう(`・ω・´)ゞ

タイヤの側面に指定空気圧が書いてあります。

私のブロンプトンはS6Lなのでコジャックでした。

体重は60kgで100psiほど入れています。

ブロンプトンは米式なので空気が抜けにくいですが、こまめに空気は入れてあげましょう。

パンクを防ぐ一番のメンテナンスですので(`・ω・´)

スポンサーリンク