BROMPTONは駅で転がし輪行ができるのか?

スポンサーリンク

最初から結論を書きます。

転がし輪行はNGですが、転がせる輪行袋ならOKです。

これはころが~るという輪行袋なのですが360℃回転するキャスターが付いていますので駅構内でも転がし輪行が可能になります。

欠点は収納サイズが大きいこと、そして転がしにくいことですね。
使った人に聞いてみたんですが、引っ張ると自転車が倒れやすかったり、リアキャリアモデルのみ対応とのこと。

ちなみに私が使っている輪行袋はこちら(`・ω・´)

リンプロジェクトから発売されている輪行バッグ(キャスター移動対応)です。

下側を見てみると・・・。

下側が空いていますのでブロンプトンのキャスターを利用して転がすことが可能になります(^^♪

下側部分を隠すことにも切り替え可能!

ただし駅構内ではブロンプトン本体での転がしは不可になっています。

駅員さんによっては見逃してくれるかもしれませんけどね(`・ω・´)

あと、ブロンプトン本体のキャスター小さいのでイージーホイールに交換しないと転がし輪行できません。

ちなみに私は転がし輪行してません。

テストでコロコロしてたら(駅内ではない)小さな段差を乗り越えるときにブロンプトンに傷が入りました(´;ω;`)それ以降は持ち上げて輪行してます。

ころが~るでは駅内で転がし可能ですが、転がって人に当たったり、落ちて電車当たって事故をもたらす可能性がゼロではありませんので十分注意してご利用願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする