通勤クロスバイクのシフトワイヤーを交換しました(Giant Escape R3)

スポンサーリンク

中古で買ったGiant Escape R3の調子がいまいちなのです。

①シフトレバーが重い
②変速しないときがある
③走行中にガチッと歯飛び[?]みたいな異音
④ワイヤーが解れている

③はシフトワイヤーが原因じゃないかもしれませんが、ワイヤーの劣化でリアディレイラー固定出来てない可能性があるかなって(´・ω・`)

いろんなホームページを見るとシフトワイヤーは1~2年ぐらいが交換目安らしい。

ねっ、解れてるでしょ。

早速リアのシフトワイヤーを変えていきますか。

ギアはトップ(一番外側)に入れておいてください。

ワイヤーカッターでバッツんと切ります。

ワイヤーを固定している六角ボルトを緩めます。

ワイヤーを抜いたらリアディレイラーのアジャストボルトを右方向にいっぱいまで緩めておきます。

※後でディレイラー調整をしやすくするため。

シフトレバーのカバーを開けます。ネジ緩めるだけ。

ここのワイヤーの太鼓を、左側へ押し出して抜きます。

ダイソーで売っている精密ドライバーが使いやすいです。

白い樹脂の部分は割れやすいし、ここでの作業は優しくしてくださいね。

あとは新しいワイヤーに薄くグリスを塗って元に戻します。

白い樹脂の穴にワイヤーを通すくらいかな。

あとは太鼓が収まるまではシフトレバーを動かさないこと。ワイヤーが曲がってしまいます。

ワイヤー先端を切ったら必ずエンドキャップをカシメること。

ワイヤー交換&ディレイラー調整しましたが「非常に快適」でした!

シフトレバーが軽くなったし、確実な動作をするようになった。歯飛びはもう少し乗って確認が必要だけど、たぶん解消された(´・ω・`)

このGiant Escape R3は何年製なんだろう。中古でボロボロですが、せっかく出会えたので自分でメンテして再生していこう(^^♪

スポンサーリンク