絶対成功するクランクの外し方、交換方法【Giant Escape R3 クロスバイク】

スポンサーリンク

今回はクロスバイクのクランクの外し方について紹介します。

必要な物

六角棒レンチ
コッタレスクランク 抜き
荷締めベルト
潤滑剤

この4つです。六角レンチは100均のは使わないでください。精度が悪すぎて絶対にボルトがナメります。

まず初めに、クランク交換する時はペダルを外してください。先にクランクを外してしますと外しにくくなります。

お次はクランクボルトを外します。

このクランクボルトは、チェーン側のクランクだと逆時計回りで外せます。

ここが最大の難関です。六角レンチで回そうとするとクランクが回って力が伝わりません。

ネット上では「ハンマーで叩く」とか「ゆっくり、じわじわと力を加える」などの情報がありますが、ハンマーはやめた方が良いです。

私は荷締めベルトを使っています。長ければハサミで切ってからお使いください。

この荷締めロープをクランクとフレームに括り付けます。

こうすればクランクが動かなくなるんでボルトが回しやすくなります。

これでも手の力でボルトが回らなければ足を使ってください。

画像ではつま先ですが、かかとで思いっきり踏むのを推奨します(靴は履いてね)

こういった固いボルトは一瞬の大きな力で仕留めるのがいいです。ただし足を使うと危ないので、自信が無い人は誰かに手伝ってもらって自転車を支えてもらうのをお勧めします。

カーボンフレームだと破損するかもなのでやめてください。

※固着している場合は上記で紹介した潤滑剤を前日に吹きかけて浸透させてください。

クランクボルトを外したらコッタレス抜きという工具の出番です。

もちろん荷締めロープでクランクを固定させてくださいね!

問題なく外せました。

これでクランク交換の組み換えが終了です。

荷締めベルトで固定するの最大の欠点はフレームに負荷がかかることです。このスクエアテーパー型のクランクが付いているフレームはクロモリかアルミなので問題ないと思っています。自己責任でご利用ください。

スポンサーリンク