EPIgas チタンマグの感想。蓋&直火でUL自転車キャンプ向き。

スポンサーリンク

キャンプ用マグカップを買い替えました。理由としましては前に使っていたスノーピーク450は保温性が有って温かい物を飲むのには良かったのですが、大きすぎたのでバッグの収納が大変でした。

EPI シングルチタンマグ カバーセットです。

容量 330ml
素材 チタニウム
重量 本体56g 蓋14g
直火 可能

蓋って直火の温め速度を上げるのはもちろん、異物混入を防ぐのにも役立ちます。風で砂が飛んでくることもありますからねー(´・ω・`)

気に入った一番の理由はデザインです。スノーピークやモンベル、キャプテンスタッドなどの人気メーカーは皆が持ってますので被らない要素も嬉しいです。

あと人気メーカーは蓋がついこないのもデメリットでした。

カップヌードルをギリギリ作れる大きさですので湯沸しにだって使えます!

チタンの直火って熱伝導率が悪くて調理には不向きですが、さらさらの液体であれば焦げ付かないので問題ありません(`・ω・´)

手持ちのスノーピークステンレス真空マグ450とスタッキングしてみましたが入りませんでした。

これだと今後はEPIgas330の単品を持っていくことになるかなー。

重量測定もしましたが公式重量ぴったりでした!

ちなみに300mlのEPI シングル チタンマグ 300 蓋無しもあります。これだとさらにお買い得なお値段ですね(^^♪

スポンサーリンク