【歯飛び原因一覧】 立ち漕ぎでギアが変わるなら要調整です。

スポンサーリンク

歯飛びとは

ペダルを漕いでいるとチェーンが滑ったり、ギアが抜けたり、段が変わったりすることがあります。これを歯飛びと言います。

歯飛びには初期症状と末期症状があります。

初期では坂で立ち漕ぎ、力をかけてペダルを踏んだ時に発生します。末期では平坦でペダルを回すだけでも歯飛びします。

私のエスケープR3でも歯飛びが発生しましたが原因を突き止めたので歯飛びに悩む人の力になれるように記事を書くことにしました。

では早速歯飛びの原因を5つ紹介します。

①チェーンを新品に変える

チェーンは自転車の中でもトップクラスで消耗するパーツです。何もしてないのに歯飛びが始まったらチェーンを疑うべきです。

チェーンオイルでメンテナンスしてても何年か経てば交換する必要があります。

シマノ9速チェーン
シマノ8速チェーン
チェーンカッター

チェーンを切ると勢いよく外れるので、そうならないようにチェーン仮止めのフックを付けておきましょう。わざわざ買わなくてもこのチェーンカッターに付属しています。

新しいチェーンを古いチェーンと同じ長さで切って自転車に取り付けます。古いチェーンは伸びてますので同じリンク数で切りましょう。

②スプロケットを交換する

チェーンを交換しても歯飛びが治らない場合はスプロケットの交換が必要になります。

良く使うギアだけ歯飛びするなら、そこだけ摩耗している可能性が高いのでスプロケット交換をお勧めします。

本当ならチェーンとスプロケットは同時に交換した方が良いですが、お金もかかりますし1つずつ対処したほうがトラブルの原因を探れます。

スプロケットを外す工具はこちらです。

新品のスプロケットを装着する時はキッチンペーパーなどで綺麗に拭いてから取り付けてください。

③クランク(チェーンリング)を交換する

前のギアが滑って歯飛びするならクランク交換をお勧めします。

クランク交換は以前の記事で詳しく説明しています。

ただ、ここの交換は難易度が高めなので、自転車の整備がある程度できる人で行ってください。フロントディレイラーの取り付けや調整も必要になってきますので。

クランク交換は最後の砦だと私は思います。

④リアディレイラーのワイヤー張り過ぎ

自分でリアディレイラーのワイヤー交換、調整をした後に歯飛びが発生したならここを疑いましょう。

新車で歯飛びしたときもここが怪しいです。

私はここが原因で歯飛びしていました(´・ω・`)

リアディレイラーのワイヤーを強く張ってると、ペダルを強く踏んだら歯飛びします。

乗らないとわからないのでタチ悪いんですよね。

これはリアディレイラーの変速調整をバッチリ決めてても発生します。

ワイヤーを少し緩めに張ってリアディレイラーの調整をすれば治ります。

⑤シフトワイヤーを交換する

アウターワイヤーとインナーワイヤーがボロボロで引っかかったりもするみたいです。発生原因としては低い確率ですけどね。

以上です。まずは歯飛びが発生した原因を考えましょう。少しずつ歯飛びしてきたなら部品交換。あなたが自分で整備しているなら、整備した箇所のメンテナンスに失敗している可能性が高いです。

④のリアディレイラーのワイヤーテンションは私も自分で気づいたときは驚きましたので参考になったのなら幸いです!

スポンサーリンク