【外装4速化】ブロンプトンのホイールを交換して最高の軽量化へ。

スポンサーリンク

ブロンプトンを6速→外装4速に変更しました。

内装ハブから変えた理由は【走りを軽くしたいから】です。ペダルを回すのを止めて【シャー】ってなってる時の爽快感が欲しくなりました。

軽量化も理由の一つです。

使えるギアが減ったとしても、軽量化すれば輪行時に持ち運ぶのが楽になります。

これがS6Lでした!

では外装4速化した姿はこちら。

ホイールはHubsmith Wheelsetです。ローロ大阪で完組を買いました。

セミディープリムなのでめっちゃ軽いわけではないんですが、普通のホイールとは大きく違ってヌルヌルとハブが回ります。

さらにフェンダーを外して軽量化しました。Lモデル→Eモデルへ。

今回のカスタムによる重量変化はこちら。外装4速は公式にないカスタムなので2速と仮定します。

軽量化内容重量変化
6速→2速-730g
Lモデル→Eモデル-370g

他社製ホイールに変えましたし、変速パーツも違います。

体重計でザックリ計測してみると10.4kgでした。泥除けを外したS2Eは10.57kgなので悪くない結果だと思います。スプロケットの枚数は増えましたが、シマノ11sのパーツを使っていますんで、そこも軽量化につながったんだと思います。

で、肝心の走りなんですが【これ、本当にブロンプトン?】ってくらい爽快でした。

内装にはない軽やかな走り。持ち運びも1kgしか変化がないのにハッキリとわかるくらい楽でした。

かかった費用の明細を貼ります。

フェンダー無しのカスタム費用も含まれています。

これは前後ホイール交換ですのでリアだけ変えるなら費用を抑えられるかもしれません。

私はせっかくカスタムするならと思って奮発しましたが2速化でも十分に爽快感が得られると思います。平坦中心のポタリングなら外装だけでお手軽輪行もいいですね。

スポンサーリンク