GIANT ESCAPE R3 各パーツ重量まとめ(フレーム、ホイール含む)

スポンサーリンク

エスケープR3をバラしたので各パーツ重量をチェックしました。

フレームまで分解した記事はあまりありませんので参考になれば幸いです。

フレームは1400g。意外と軽くてびっくりしました。ボトムブラケットは抜いてありますよ。

フォークは1060g。スペーサー等が付いてるので実際はもう少し軽いですが、結構重いパーツなんですね。

でも強度があるとラフに扱えるのは普段使いに最適。

BBは280g。

軽量化するならここらへんなのかな。

クランク&フロントトリプルで約1kg。

左クランクが270gなのでかなり重い。ホローテック&フロントシングルなら軽くなりそう。

フロントディレイラーやシフターも外せますから。

ただ、フロントトリプルはズボンの裾が汚れにくいメリットもありますし、そこまでお金かけるならロードの完成車のほうがいいんでしょうけど。

サドルは400g。

これ、けっこうクッション効いてて好き。

ホイールはタイヤチューブ込みで計測。すいません。

フロントはIRC JETTY PLUS 700X28Cです。チューブ込みで450g程度なので、フロントは800gほど?

リアはkendaなので不明ですが、1400gほどで合計2100gオーバーは確定でしょう。

ステムは長さ90です。

個人的にはトータルでかなり軽いと思いました。

軽量化を目指すならクランク周りのフロントシングル化もありですが、走りの爽快感を上げたいならホイール、タイヤ交換が無難でしょうね。

スポンサーリンク